交通事故の時にはすぐ弁護士に相談を

交通事故の際、保険会社から提示された補償額が考えていた以上に低かったという経験をした人は少なくありません。

当事者同士の話し合いでは結局保険会社が決めた最低限の支払基準を提示されるため、本来の希望に満たない金額で決着せざるをえないわけです。

それを回避しようと考えた場合、交通事故の賠償に強い弁護士に依頼する必要が出てきます。



弁護士が示談交渉に介入してきた場合、法律が定める慰謝料ギリギリの額まで請求金額を引き上げることができます。
弁護士とよく似た立場には司法書士がありますが、司法書士では140万を超える請求額の話し合いには立ち会うことはできません。



しかし弁護士はその点請求額に制限がないので、司法書士では扱えない金額の賠償請求の手続きをすることが可能です。



特に交通事故で重篤な怪我を負ってしまった場合、仕事に影響したり治療が長引いたりと言った問題が出てきます。

もし相手側の保険会社側から治療費や休業損害の打ち切りを言い渡されてしまった時、弁護士がいない状態では相手の言い分をのむしかなくなってしまうこともあります。交通事故の対応に慣れている代理人であれば、こういう時にどういった流れで話し合いが行われるかといった事や、どういう問題が起こりやすいかといった事が経験上よくわかっています。


そのため効率よく話し合いを進めることができ、トラブルに際してもすみやかに適切な措置をとることができます。

交通事故の際は、無理をせず代理人を立てて話し合うことで円滑に話し合いを進めることができるのでおすすめです。