交通事故にあったら慰謝料がもらえる?

交通事故は一生のうちになんども経験するものではありません。

車同士、車と人、自分ひとりで起こした交通事故。



交通事故の種類にもいろいろあります。

私は以前に車と車の交通事故を経験しました。対向車が車線をはみ出してきたものに衝突したのです。
その際、相手の保険会社からの慰謝料は通院日数×4200円というものでした。


加害者側は無傷で自由に動いているにも関わらず、私自身は首を痛めて握力もなくなり、仕事に復帰するのも時間がかかったにも関わらず、慰謝料は通院日数×4200円という給料にも満たない金額でした。


聞いてみると、どの保険会社も保険会社から支払われる慰謝料は少なく、そのため多くの人が保険内容に弁護士使用適用が入っているものに加入するのです。
保険会社で示談して慰謝料をもらうよりは弁護士を使って示談したほうが被害者側からしてみると多い金額を得ることが出来るからです。よく慰謝料で保険会社から100万円もらったという話を耳にしますが、これが通院日数×4200円の場合に換算してみると、日曜日だけ通院せず26日間丸々通院したとすると1か月で約10万円です。



100万円もらうためには10か月通い続けなければならないということになります。

勿論病院側の都合でお休みすることもありますし祝日がある月もあります。

そう考えると約11か月間通院しなければならなくなります。約1年の間通院に時間を割き、一生後遺症に悩まされるのです。



お金の問題ではありませんが、より多い金額を受け取りたいのであれば弁護士を使うことをオススメします。